ニュース

2020年12月24日 (木)

【X’mas】✧リゾートライド2020☀ ~気球に路線とベーカリーに湯✧~

旅には、3種類の〝ストロング・ポイント〟があります。 旅の3強です。

鉄道で特にそうですが、① 観光列車などの〝間近で体験するイベント〟――、② 温泉に代表される〝癒し〟――、③ ご当地グルメなどの〝美味いもの〟――、これらが揃ってこその、旅行なのです。

というわけで、ルビーエンジェラバイク(まほうのホウキ号)で満たせるのは、①メインイベント、次いで③食べ歩きグルメ、であり、②の癒しは、旅行の3強の周辺で スポーツの域を出ず、③のグルメも 特定の条件が必要です。

ここで、登場するのが、やはり、グリーンシティライナー(緑のシティ号)です。

緑のシティ号は、郊外持続型の まほうのホウキ号 に比べ、都市郊外近郊両道アーバン型です。

KOBEは、六甲山という〝神〟がいるので! ・・・・・・・・・・ 狭いです(≧▽≦)♢

つまり、阪神型の都市のそばに、郊外があります。

阪神≒北摂、だけでなく、瀬戸内≒播磨、という アイデンティティが〝ブレンド〟されているのです。

山陽本線エリアの海側のKOBEの人々は、自分たちを、おそらく、瀬戸内・播州エリアの住民だと思っております。

そんな、播磨の冒険野郎、私が、暖かな秋に、地元都市圏に向かうという、そんなお話から、このエピソードは始まります。


秋の嵐山、勇気の敢行! ・・・ から、ひと月余り過ぎた頃、ずっと 保留にしても しまらないので、都市郊外近郊アーバン型の 緑のシティ号で、ピッツァを、食べに行きます。

弱虫ペダルの、あの、カレーピッツァの名テェェーーーーン(・∀・)おぉ♪(Π)’∀`(ヾ) 、で興味をそそられる、ピザです。―――家で作りまくっている カレーは今回、関係ナッシングです。


風見鶏ゾーン、つまり、山の方に、色々、店があります。 一応、当日に行っても、待てば食べられたので、ぶらぶらしていると、あらかじめ調べていた、イイ感じのベーカリーが、開いています。


鉄道でヒントを得ますが、車両とは、何も、直行直帰が原則・・・ではありません!!

自動車が前者の原則を貫くと、大量の駐車場が必要で、歩道をまたいだ出入りが、煩雑します。

鉄道は、駅+徒歩が、基本であり、北東旅行などで、おなじみです。

サイクルの場合は、さらに、直行直帰がしやすく、バイクに次いで、前提条件に しやすいのですが、自転車ばかり乗っていると、たまに歩きたくなるもので、元々、往復3キロ程度なら、問題ないわけです。

狭い都市エリアでは、適切なところに乗り入れて、徒歩で周遊するのが、イベントのとき中心に、意外と知られていない究極技として、君臨します。 快適度が、違うわけです。

ひとつの目安として、歩いている人が、圧倒的に多いということです。


この、セルフ・コーヒーを飲める、イイ感じのパン屋さんで、念願の美味しいクロワッサンを食べたことと、イタリア色の強い、国際都市だぜ!ピッツア!!なひとときは、この辺で簡単に。  話を先に進めます。


イベント・グルメ消費型の 緑のシティ号は、お分かりの通り、今年になって、ダイヤが少なめです。

一方、まほうのホウキ号は、延長運転扱いも兼ねて、色々な新エリアを、周遊中です。

そのお話を、見ましょう。


意図を紡ぐ街、播磨。 ―― オムライスと名づけた(笑)イイ感じの古墳のある公園で、石碑を見て、考えました。


時は冬。


晩秋に頑張って見に行った〝京都の山側に近い 北摂の すごい もみじ〟でも分かるように、日が短くなっております。

北摂の山は、選べる道が少ないというか、本格的にぶっとんだ シンプルな景色が多いです。

もみじは、大概、計画的に植えられたのだろうけど、昔から、自然の中に咲いていたのだろうと、山を見て思います。


冬の日は短いのですが、寒くなりすぎる手前に、冬至を迎え、少しずつ日中時間が回復していく時期ですので、適切なライドが可能な、絶好の季節、とも言えます。

荷物軽いし。


ここで、これまで、経由を絞ることで 新開発していなかったルートを、いくつか、走ります。


兵庫近郊の、自転車のローカル列車3強、は、加古川線、姫新線、そして・・・。

ローカル電車の3強は、播但線(長谷も電化扱いで)・加古川線(理由があって電化しました)・宝塚線(篠山川の渓谷沿いの辺り中心に)―――でしょうか。

加古川線は、KOBE市民的に、南北感覚が 掴みにくいですが、いろいろと、定番の路線であり、これなくして、播磨エリアは語れない、と思わせます。

小野のひまわりのアイデンティティは、粟生線である三木にも、さらに西の加西にも、広がっており、加古川線の粟生駅が、その中心となっているのです。

粟生線は、途中まで東西交通で、山側特化の西神山手線のようなものです。

つまり、純粋な南北交通は、播磨中央部にいて、播但線までシフトしなければ、加古川線が、唯一、です。

加古川駅は、わりと山側にあり、ここから、姫路エリア発着の新快速が 走ります。

KOBEと加古川と三木のアイデンティティを持つ、稲美町で見ると、近郊とも言える 土山駅、きっと、田畑が土で、山側だから・・・だと思いますが、この土山駅も、わりと山側にあるのです。

加古川線は、少し、南行きの時、西に逸れますが、KOBEの 北区の南北感覚で言えば、加古川線は、早いでしょう。

そんな、全線電化の加古川線は、単線であり、イイ感じのカーブも多く、普通に街の秘境を走っております

2両編成の方が、小野町から、粟生をクロスして、西脇市まで、毎時1本ほど走り、その気になれば、お気に入りのところで しばらく待てば、電車が見られる可能性が高いです。

一方、私は先に、西脇市以北を開発したので、本数は激減します。

私の加古川線のイメージは、まずもって、その、西脇市より北の、全く電車を見ない区間です。

1両になり、例えば、いっぱい電車が来そうで全く来ない、新西脇駅。 この辺になると、わざわざ駅まで歩いて鉄道を使う人も減るのでしょう。

長谷駅をしのぐほどの、かなりのぶっとんだ、簡易駅の、船町口駅

この名前は、加古川には、船の文化があったからでしょうか?

しかし、西脇市駅までは、複線電化の信越本線くらい、ちゃんと走っているのです。 ここ、さりげにポイントでしょう。


小野のひまわりのアイデンティティである、小野・三木・加西あたりは、粟生線の近郊であり、粟生線は途中から複線となり、KOBE圏の鉄道なので、ひまわり☀ぽたぽた♡ は、西区を中心に、海側に直通しております。

つまり、KOBEが、ひまわりのアイデンティティを普通に持っているはず・・・という気もします。


今回は、そんな、さっき言おうとした、ローカル3強のひとつ、〝北条鉄道〟のエリアを、開発します。

ほっけぐち、の近所には、ふるぼっけ、という山のエリアがありますが、普通に、播磨の紅葉の名所です。


晴れた暖かな冬の日。

北条鉄道沿いに、ローカル道を、ぽたぽた行きます。

少し、道を調べる必要がありますよ。

加古川線沿いより、圧倒的に、ファンタスティックです。

そして、北条町へ、初上陸。

ここは、初めて来た、長岡市街・・・のような、感じもします。

私は、緑のシティ号が大活躍する 都会が好きらしいですが、静かな生活が好きです。

北条町は、いわば、粟生線、加古川線、海側の鉄道アイデンティティ、その、最も山側の街エリアなのです。 粟生がクロスの、ひまわりのアイデンティティは、健在です。


ちなみに、加古川線と三木中心部を直通していた、短区間の列車、既に廃線となった三木鉄道を入れると、ローカル4強です。

三木鉄道跡は、硬派の歩道ですが、隣の道から、下石野駅跡の建物に、ぽたぽた行くと、楽しいです。

他、石野駅跡などに、凝った説明があります。


輸送目的で開発された三木鉄道沿いは、乗客という名の人が住んでいませんからね。


北条町は、イイ感じの神社があります。 夜に祭りをしたら、すごそうです。

まほうのホウキ号では、まだまだ その辺を走ることができる、緩やかなエリアです。


山側に擬態した海側である、加古川市クオリティの、特定の道に自動車どっさり、というのが、名残りながらも厳選されてゆき、見通しのきく走りやすい道が多くなります。


そんな北条町で見たポスターに、気球のイベントがありました。

KOBEのルミナリエ2020なる宝箱が海底財宝となった今、都市部は、おさんぽで使うことになります。


北摂と違った播磨の最大の特徴は、播州平野であるということです。

熊本にも平野が多いのかな? たぶん、そんな感じです。

自転車で、色々と、四方八方、条件が揃えば、行けるエリアです。

選択できる道が多く、特定の峠まで、体力を温存することも 不可能ではありません

みゅ~ちゃんと夢シンクロ!愛犬きゅうちゃんの彩り~ωω(≧▽≦)✧✧✧ 【六甲山頂】 から見ると分かりますが、北摂方面は、山が圧倒的です。

西の方の播州平野も、しっかりとは見えませんけどね。

それだけ、播州には 緩やかな区間が多いです。


メインイベント、気球を見に行こうと思いつつ、メインをライド、挙がっていたら、そっちをメインに切り替え、という風な2段構えで。

場所は、うずらの飛行場跡、で、鶴【つる】野 飛行場跡、ではありませんω

鶉・・・鶴・・ωωω


はりま中央ルートの途中にある所でもありません。。

違ったのかωω


その近くにあるということで、ルートを少し変えて、向かいます。

既に高く気球が上がっており、これが試乗体験なら、とんでもね、と、そんなわけないのですが、思っています。

もっと早く来る予定でしたが、運良く 遅れました。

このまま、中央ロードを突っ切れば、あの気球が見れるのですが 迂回します。

そして、いつのまにか、その気球は 姿を消しており、着陸して畳まれたのでしょう。

見るべきでしたか?

しかし、意外と イベントの進行は早かったので、この判断でよかったことに気付くのは、もう少し後。


想定外の快晴の中、雪雲が南の空に、太陽の光で 白ミルキー色に輝いて、その間から、雲のアーチがリニアーに架かっています

言葉では表現できない、すごい情景です。 巨大な雪山にも見えます。

言えることは、冬の晴れの南に 雪雲が やってくると、ホワイトに光る ということです。

空島群 カルピス島 と名づけます。

そして、ふしぎなことに、後日、温泉行きの時、カルピスが プライス・アピールしておりました ω

白いね(≧▽≦)ω


近くへ行くと、神々しい くろねこちゃんの気球 が上がっておりました。

定番のも。


昔、よく、ガスバーナーを さわった気がしますが、自動車もびっくり、とんでもない音をたてております。

あられが降ってきたら、やらないかもしれないな…と思っていましたが、まだ快晴です。


怖くない範囲で、ふわふわと飛んでおります。

最初の、めっちゃ高く飛んだ気球、どうだったんだろう?


ドラクエならば、乗り物として登場したのは、4でしたか。

ここでは、飛行場に飛んでいるので、飛行船等と同じ、飛行機械に分類される、現代の乗り物になるのでしょう。


いずれにしても、人やものを浮かすのに、かなり強いジェット噴射が必要になる、的なことが、よく分かりました。

というより、近くで見ると、想像とは全く違うスケールで、メリケンパークに飛んでいることも、無いか、そう無いと思うので、飛行場跡のこのイベントは、貴重ですね。

この辺で、自転車のイベントが開かれている時も 気球が飛ぶことがあるらしいのですが、はりま中央ロード走行時に 高く上がるタイプの気球を見たことが無いので、気球自体も、さらに高く上がるものは、激レアなのでしょうね。


気球も畳まれたので、もう少し北上して、正規の、いこいの村はりまのルートで、南下します。

この経由で行ける公園に、オムライスの古墳(笑)とかが、あります(・ω・)✧

くいしんぼうさん♡


ちなみに、古墳は、現代の再解釈で楽しむことが・・・可能です(≧▽≦)xx


北の山の時には、雨のような雪のような、キャンディースノーが、降っておりました

意外に、自転車乗りが多かったのは、気のせいではないでしょう。


この日のお話は、これでおしまいです。


他にも、加古川沿いの冒険では、おもしろい岩の滝を 目を皿のようにして見たり、駅前のお蕎麦屋さんに御蕎麦を勧められたり、いろいろ ありました。


さて


緑のシティ号。 行動力の無くなりつつある この時期に、運用できるか?


ルミナリエは、いつも、暖かい日を選ぶことで、うまいこと、クリアできるのですが、もう、真冬になってるし。


まずは、お気に入りのグルメを求めて、中心部へ向かいます。

直行直帰で、明るいうちに帰ろうと思うのですが…。


順序を工夫して、先に、ケーキを買いに行きます。

新しいレアチーズケーキがありました。

形が崩れることを分かりつつも、冬にできる小技として、先に入手。

北へ歩いて、クロワッサン、カレーパン、塩パンを、買いました。

クロワッサンの美味しさは、塩パンにメイン表現されておりました。

この、素材の美味い味のパンは、なかなか お目にかかれない逸品です。

気球を見た後、気球と同じような 想像と違う、また、ジャンルとして まったく異なった経験をして、愉快です。


直行直帰して、ココアと食べて、てぃんくる☆を見ております。 私のお話は、また一区切り。


ここで、少し、近況に映ろうと思います。

自転車で町おこしをする、これは、大概のエリアで行われておるらしいのですが、その足並みは、明快ではなく、簡単なことでは ないようです。

それを、私なりに、考察してみると、自動車社会、アニメ、これらを交えて 考えることが 可能であるでしょう。


自転車は、地元の人の中から確実に 使いたい人がおり、健康な社会に間違いなく貢献し、歩行者が少ない郊外では、走る道さえあるのなら、自転車を奨励することが、合理的です。

ところが、生活世界の植民地化、という、ポリティカリーコレクトなる、政治か、政府か、マスコミか、自転車を排除しようという動きと 衝突するように感じます。

しかしそうなれば、地元の人々が日常生活において 自転車を使おうとするときに、圧力が生じます。


ちなみに、ここで言う、生活世界の植民地化とは、生活世界=内面 という意味が、原義です。

つまり、内面を金儲けなどに フラット還元する 企業などの運動は、生活世界を侵略しているのです。


こういった、まだあまり世に知られていない 先端で画期的な考え方を以って、自転車での町おこしを捉えましょう。


私が、兵庫県 (又は全国) に対して、推奨するアニメは、ジュエルペット てぃんくる☆ そして、弱虫ペダル(今まで放映の1期から4期)です。

いずれも、兵庫県全域には放映されていない TVO系に関係が深い 内容の濃いアニメなので、観れる人は、見ましょう。


弱虫ペダルでは、交通弱者である歩行者と自転車を、郊外では どうとらえるか?

てぃんくる☆では、こどもの人権と未来の可能性が今現前している神性を、どう直覚するか?

というテーマに大きく コミットします。


都市部だけではなく、過疎地域においても、こどもは貴重な存在であり、それは、言い方ではありますが、いわゆる、交通弱者の立場の捉え方とも、大きくリンクするでしょう。


大人の原理主義者は、リベラルな内面を重視できる人間に成長する機会を、無視している点で、純粋な小学生とは違います。

というか、そういったことを小学生に、道路交通事情を交えて 教えるとよいのです。

その目標のひとつが、例えば、子どもから見た てぃんくる☆ であり、リベラルな勇気のひとつの答えが、弱虫ペダルにあります。

弱虫ペダルを描くだけで、社会の在り方が変わるのではないかと、見た人は思うのではないでしょうか?

こういった主張を 絵にして書くのは、勇気がいることであり、今の、片側多車線で自転車を右へ行かずに無理やり抜かす自動車社会、へ、どのような宣言を発するか、ということは、真剣に捉えるに値します。

つまり、両方のアニメは、とてつもなくデリケートな解釈を必要とする、格好の例なのです。

兵庫県のローカルエリアを走っていて よく思うのは、都市部で ある程度常識になっている〝解釈を洗練させていくこと〟を、郊外の町おこしが必要な地域の住民が行えば、おもしろいことができるのではないか、ということです。

今回の、気球の例では、来年もやるのなら また来たいな、という声が聴こえました。

これも解釈であり、イベントは、こういった住民の捉え方で、開催が左右されると言えます。

また、みなとのもり公園で よくやっている スケボーの、広場のコーナーもありましたが、これも、都市と郊外の交流が盛んな所以なのかもしれません。


ああ、そう言えば、加西シティには、きらきらっと が けっこう居ますね(・∀・)ccc


ちなみに、きらきらっと は、私の、夢の世界の指示対象でっすωω


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


もうすこし、内容を深めましょう。

次世代は テレビを見ない、ドラマのゆとり世代が 正確に描かれない、この視点から、アニメが子ども向けなら興味が無いという アニメを殆ど観ない ドラマの視聴者に対して 大人向けのアニメを 社会現象にして意図してヒットさせる、という行為は・・・

① アニメが 子どもや歩行者などの潜在価値に関わってくる〝デリケートな翻訳〟を有する〝現実を見たままそのままカメラに収めればいいようなものではない 大切な文化〟であることを説明して 視聴者を育てる。 これが できていない。 結果、テレビ局が 企業の提供を選んで 生活世界の解釈を操作している、今のところ、これを反証することはできていない という点。

例えば、子どもの心とユーモアを忘れず、少しずつ視聴者を生み出した、こち亀は、緩やかな成功例だったのではないか、と思いますが、最近は、こういった判断ができ易い アニメが 放映されておりませんね。 (バランスよく トレンディなもの。)

アニメとインテグラル理論を 私は結び付けました。 このことは、少なくとも、アニメには 何かふしぎな文化的な力がある、ということを、私が予見したことになり、それが証明されているなら、されていると現状を見て思いますが、その、ドラマではなく アニメでなければ、何かに負けて 時代に乗り遅れてしまう、と考えた 各テレビ局が、本来 子どもの潜在価値を 子どもに対して展開し その基本の上に 大人も楽しめるように構成されるべき アニメの総合的な決まりごとに対して、子どもの潜在価値や アニメにするべき内容と関係の無い 現実主義という意味でのテレビドラマかぶれの内容を 無理やりアニメの形式に 移し替えたような内容で 戦略的に放映しようとする行為、放送コードを 深夜からずらそうとする意図は、現代社会の 交通戦争や ウイルス禍が 継続している その問題のコアを、むしろ増長しているのではないか? この混とんとした競争意識を、反証することは、まだできていないと見れる点。

地方の町おこしは、子どもの潜在的視点の統合無くして、持続不可で、在りえないでしょう。 深い意識は、子どもの未来は今現前している、大人の社会のこれまでの発見+これからの子どもの成長後の可能性、と見るべきであり、それが根源的に実現するためには、今、証拠が集まり 証明されつつある、予知を伴うほどの意識まで包括する必要がある、それの悪用は、この実現を大きく阻むのは明白、という点を、見なければなりませんね。

私は、新たなアニメを ほとんど見ていませんが、聴こえてくるものだけでも、大体現状は分かりますし、私のアニメ離れを加速した要因を、私は きっちり説明しています。

アニメとインテグラルスピリチュアリティの関係。 宗教は、すべての色の内面意識とモラルに正統性を与えることができる〝コンヴェア・ベルト〟に成り得て、科学はその条件を満たし得ない、例えば、子どもが乗り物に乗るだけで そういった内面意識の正当性が保証されるわけではなく、自動車ドライバーが運転免許を獲得しても スピリチュアリティに関して 内的に何の正当性も無く、無味乾燥したまま 交通戦争が混乱して助長される。 こういったものが、大人への社会現象という 子どもの潜在価値という生活世界の 植民地化 としての 、アニメを知らない大人が アニメとは こういうものだと 大きな誤解を見る結果になることが、今話している内容から導かれる点。 これをも、反証できていないと思います。

アニメを売れ線至上主義の道具にすることは、あるいは、消費主義の人柱もとい触媒にすることは、世の中のルールの合意を破滅させて 混乱を蔓延させることにしかならない、内面を無視する行為であり、交通戦争から 町おこしを否定することにまで つながります。

特に、農業が活発なエリアは、上記の企業戦略の現状に無知なことが多く、考慮する必要性が理解できないので、農業のほとんどが、売れ線至上主義に加担しない職業の一例だ、生活世界を侵略しない職業の在り方は可能だ、と主張することの価値を見落としています。 日本テレビの強い文化的主張、鉄腕DASHは、ある意味、これが言いたいのだと思います。

どちらにせよ、交通戦争と核 なき社会を実現する ためになる情報の提供に ことごとく失敗して それを提供可能だし するべきだ、とすら考えない と思わせる、ニュース放映の現状を考えると、そういう番組は あまり見ませんが、長い期間を経て、見たくないと思わせているともいう意味で、テレビ局は、大きな顔は できないのではないかと思います。

究極の情報のひとつは、こういった、戦争を終わらせることなのです。

今、アニメはむしろ、核と交通戦争に加担する拝金競争社会に、さらに加担するツールに還元・支配されている気がしてなりません。

著作を肯定するキャラクター・シナリオ、著作を否定するキャラクター・シナリオ。 前者は健全ですが、後者は、子どもの未来を 根こそぎ否定する 病気です。 無選択の意識で 見たくないものを遠ざけないこと、これを考慮すると、後者の病気が あまりにも前者に目を背けすぎているので、わざと私は 後者から目を背けているように見せているのだ、と言います。 マジで。 別に私が、何の隠れファンでも、いいでしょう。 全ては空なのだから。  それにしても、ここ10年の アニメの使われ方は、ひどいですね。  ピッコロさんも、大魔王バーンも、著作を生かしたキャラでしょ?


これらをすべて見た上で、ひねらない 町おこしとしての イベントを成功させるには、静かな内面の文化を定立することが、まず必要です。

ヨーロッパのモダン化で最初に起きた、この、静かな内面空間の騒音化、これこそが、生活世界の植民地化の 商業関連としての始まりです。

農業も商売も 昔以上に狂ったペースでやる必要が、どこにあったのでしょうか?

以上で、挿入議論は、終了です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


年末に差し掛かっても、咲き誇っている もみじが、見られます。


年始でも、もみじが、見れるじゃん(・∀・)ωωω



私は、今、温泉に入っております。


ぶくぶくおせなかで、ゆたゆた♡うさちゃん(・∀・)

きらきら☀浴槽で、ぴかぴか♡うさちゃん(*^▽^*)

露天のここちで、ぷかぷか♡うさちゃん(*´▽`*)

ゆったりあがって、ゆるゆる♡うさちゃん( ˘ω˘ )


入りすぎたぁぁぁぁーーーーー―――――――――っ  Σ(゚Д゚)


マイらちゃんω―――じゃなく、マイなちゃんω

これで、塩パンとか買ったんだけど、小銭持ちたくない病だから、コインロッカーに入れた分くらいしか、小銭、ね。


お変わりないようで、安心もした、地元、ぽわぽわのスポット♨ (――&... レジなうω。。)

ルビーエンジェラバイクで、興味を持った、野菜の無人販売所は、使う機会がなく・・・。

ここでは、KOBEの野菜が買えるので、小銭で、大根と、みかんっぽいレモンを、買いました。

そういえば、アラレちゃんの 某お方たちは、大根、いっぱい、つくっていたよね(・∀・)


新たな何かが、出会うとき!!

魚が無かったので、大根おろしで、カツをつくって、南東北のご飯と、食べました。


紅茶をよく飲むKOBE。

このレモンは、なんか、レモンっぽくないね。

試しに食べてみた。

あ、レモンだぁ―(*´ω`*)

ぽたぽたうさちゃんは、思いました。

そして、冬にも たんぽぽとか、お花が いろいろ咲いているのを 思い出して、やっぱり、年中、春じゃん!

そんな、うきうきの気持ちのように、こう、つぶやきます。

そのまま食べても、すっぱく・・・ないね!!

これは、おいしいということ なのでしょうね。


野菜の収穫は、時々見るんだけどね。

どこへ持って行くんだろうか? って、思うのだけれどね。

うまいね。


集約して!アルティメット・・・たび!!


お・ひ・ら・き(⋈◍>◡<◍)。✧♡


―――――――――――――――――――――――――


来年を見据えて、もう少し、書きましょう。


めりけんぱぁく では、午後4時半には イルミネーションが始まり、帰りはじめつつも、イイ感じで、きらっきらのトンネルが見れました。 ―― スマホは無いけどね。


兵庫県にて、気球と時を寄り添って、はりま中央エリアで、確かに、挙がった花火。

日中に 体感しながら 帰ってみると、やはり、距離の壁があり・・・ 夜では、たぶん、帰り着けないでしょう。

実質、見たことになるのでしょうか。


気球が上がったのを見て、私の中で、オリンピックが開かれたのは、確かです。

2020年に、確かに、私は、そう感じておりました。

その時、快晴の雪の空を見て、きっと、来年は、オリンピックが開かれるんだろうな・・・と。


終わる今年を見て、走った数々の挑戦ライドを振り返って、結局は、広がったものは、想像とは違う、新鮮な経験だったのです。

それが、来年という時間に、新たな光を、生むことでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年5月 3日 (木)

未来へ手を繋ぐ地球 ☆彡 ~ みんな みんな あかりちゃん♡♡ ~

♢ 僕には 夢がある


僕には、夢がある。 すてき描く世界、そう 争いの無くなった世界を〝見る〟ことだ。


これまでは〝保守派〟に 〝ややこしいこと〟があると思われていた。

けれど、〝子ども〟と〝おとな〟は、どうも違う。

つまり、成長できない〝理由〟があり、歪んでしまうということらしい。


おとなの社会は 基本、フラットランド、つまり〝内面(こころ・きもち)〟を無視した世界だった。

そこでは、〝すてきなこと〟が無い。

それはつまり、〝歪んだこころ〟に無頓着だ。

そうだ。それが、原因なんだ。


心の闇(シャドー)は、セラピー(シャドー・ワーク)で〝友達〟にできる。

僕は、〝前言語的なシャドー・ワーク〟の領域が ほとんど手つかず であることに気付いた。

こころの無い世界において、〝ドロドロの感情も無視〟される。

誰も率先して、ここに〝ヒミツがある〟とは言わない。気付かない。

いや、保守派だけが、それに気づいていたんだって?

でもさ。彼らは大人だけど、〝こころの闇(シャドー)〟を正確に把握できる〝ノウハウ〟は持っていないんじゃあない?


彼らより〝心理的(道徳的)に大人〟と言えそうな〝リベラル・ポストモダン〟の人々は、じゃあ、どう?

さっきも言ったように、〝こころを無視〟してたんだよね?

こころの議論自体、行われないよね?

すてきの失われた世界、おもしろみのない世界・・・

それって、一部の、歪んでしまった人々、特に大人にとって、投げやりな世界になるんじゃない?

誰もが傷ついていくのが〝そそる〟とか

僕たちが無視して、抑えてきたものが、追いやってきたものが、独裁者なんだよ。


見てよ! かんたん。

歪んでいる何かが、争いなんだ。

それさえ分かれば、夢ができる。

究極的には、独裁者の詐欺師(ないし 良いものも悪いものも無いという極端な脱構築主義)に至らせている〝人の心も含む、負の原因〟こそが、気付かなきゃならないポイントだったんだ。


保守派が悪いわけじゃない。ただし、児童に影響を与える大人は、責任がある

だから、大人の保守派は、子どもに責任がある。

この場合、大人の保守派は、上記の〝詐欺師(的な原因)〟に耳を貸してはいけないってことなんだ。

一方、リベラルな大人は、心の議論をしないので、〝詐欺師(的な原因)〟に気付くことができない。

カラクリさえ分かれば、簡単なことなのに。


僕は自転車に乗るから分かる。

危ないのは、〝イライラ〟しながら乗ること。

子どももまた、自転車に乗る。

最近の番組は極端になっていて、わざとそういった気持ちを誘発するものがある。

さっき挙げた〝誰もが傷ついていくのが楽しい〟という自暴自棄(崩壊)だ。

子どもや保守派だって、〝大切な人〟がいるよね?

〝誰もが傷ついて〟いくのって、楽しい?


世界は、確かに混乱してる。

学童も保守派も、健全だというのならば〝誰かを傷つけたくはない〟はずだ。

昔の世界の争いは、自己中心的な(権力)衝動のシャドー、あるいは もっと〝前言語的な領域のシャドー〟を当てつけた、〝独裁者(的な指導者)〟によって、〝誰かを傷つけたくない〟という気持ちが〝壊された(マヒさせられた)〟 。

そう、まさに〝よわいこころ〟によって、幾多の混沌がもたらされたんだ。

それは単なる〝幼い人〟ではなくて、各宗教で描かれてきた〝悪魔〟なんだよ。

保守派の人々なら わかってくれると思うけど、これって、どんな宗教にも共通していないかい


つまりね。

混沌なる詐欺師は、〝保守派〟とか〝子ども〟とかを フェイクにして、〝うやむやなる実行〟をするんだ。

もう一度言うよ。

子どもは歩く。そこに何かがあるとする。むしゃくしゃしているとする。

〝見てショックな(混沌なる)お話〟を子ども、あるいは僕ら(内なる子どもを含む存在)に普及させたら、道行く僕らは、子どもたちは、どうなるかな?

保守派もリベラルも、クラクションは〝法律を犯すために鳴らす〟?


セラピーがいい。

特に〝前言語的な領域のセラピー〟に注目してほしい。

それは (人生を)歩く僕ら(そして子どもたち)に対しての そういう〝当てつけ〟であってはならない。

セラピーを〝医者〟 シャドーを〝病気〟とするなら

保守派でもリベラルでも 病気を治す医者は〝ヒーロー〟だ。 (保守派にもリベラルにも感謝されるだろう。)

〝すてきなこころ〟と〝専門的な実質〟が伴いさえすれば、保守派もリベラルも、同じ


そう。

世界の抗争は、もはや〝保守派 対 リベラル〟とかじゃあ なくって

〝混沌(の詐欺師[的動因]) vs 気付かぬ世界(僕ら)〟だ。

だって、闇は僕らの中にあり、僕らの文化やシステムの中にあり、単純に幼い誰かや何かにあるわけではないから。

そして、リーダー(責任ある情報発信者)が〝幼い〟ならば、混沌に付け込まれるので、〝翻訳だからという言い訳は通じそうにない〟と思える。

例えば、第二次世界大戦がそうだ。

あの、闇詐欺師、ヒットラー(を動かした、心を含む動因)によって、僕らは〝保守派が…あの国が…あの団体が…〟今にもホロコースト(魔女狩り)をするんだと 思いこまされるようになってしまった。

誰もがやさしい、〝人を傷つけたくはない〟という心があることを〝忘れて〟しまった。

人が人であるために 決定的に必要な ハートからくる〝自信〟を失ってしまった。

それは、拷問が心地いいんだというような逃避(エコ陣営の間違った 神秘だと思い込んだシャドー)を、或いは 敵はすべて焼き尽くせというような強迫的防衛(エゴ陣営の間違った 神秘が悪魔だと誤信したシャドー)を伝染させた。

現代社会は、この中世以上の流行り病から、抜け出す自信はあるか?

ヒトラーに憧れず、自分の中のヒトラーを突き落とさず、僕らは僕らと、真に〝友だち〟になることは、できるだろうか?

いや、できる。



♢ モラル リベラル チルドレン


先進国の世界には、おかしな用語がある。

大人という意味のアダルトは、なぜか普通の意味では使われない。

18歳を表す〝18〟には、意識の年齢を表す意味はまったく無い

禁止の意味を表す〝禁〟という言葉には、どこか〝ある種 購買意欲的な=覆われたベールを取ってやろうとする邪な〟ジブンをイメージさせる

子どもって、ハズカシイ?

大人って、もっと ハズカシイ??

現代社会のフラットランドは、〝こころ〟〝やさしさ〟〝寄り添い合って笑うこと〟を忘れ、へんてこなものに逃げている。

いわゆる〝性〟が強迫観念になったこの時代、その原因はと問われると、混沌の〝魔女狩り-世界大戦(独裁主義)〟が、モダン(啓蒙主義)以降(ないしもっと昔から同様)に与えたショックだ。

それを面白がって混ぜっ返す輩(動因)が現れるが、騙されずに〝人間の直観(ハート)〟を意識し続けよう

それらはすべて、(前言語的な領域を含む広域の)シャドー・ワークで治癒できる。

やり方は、〝あなたに合った恥ずかしくない実践 (宗教)〟を見つけること。

そのためには、〝ボディ・マインド・スピリット・シャドー〟を網羅して、闇の動因にデリケートである必要がある。


そうだよ。

つまりね。

より広域 (保守派やリベラルを含む 多数の日常) に適用できる世界宗教 (皆ができる共通の認識と実践)〟があればいい。

ホロンという考え方で言えば、〝リベラル憲法は保持〟されたまま〝国際連合が地球市民社会へ僕らが国を超えて繋がる

この〝保持〟〝保存〟は〝基本構造〟と言う。〝各種の(ふつうの)宗教〟の構造も壊さず(保持して)、別のテレビ番組を見る(別の本を読む)ような感じで 明確な意図と方向を持って〝適用〟できるもの、〝より こころかがやく〟深いものになっていく。 それがいい。

これは〝適当に選ぶ〟のではなく、〝混沌(シャドー)〟の (こころよく 公正に フレンドリーにして 意地っ張りを手放す) セラピーが〝地球を変える〟ことを〝実践によって理解する〟ということ。

今までは、こういった明確な〝原因〟が分かっていなかったから、各コミュニティ(保守派・リベラル など)による より正確な(最大数を包含できる)〝合意〟が 満足に得られなかった というわけだ。

これからは・・・ できる。



♢ 世界宗教(仮)


ちょっとテレビを見ると、お好みで「世界宗教(仮)」にできる〝真剣なおつまみ〟が ちゃんとある。

僕は、時折 「世界仰天ニュース」を見る。 リベラル(ポストモダン)の色気のある番組だとしても、内面をサポートしているので、「健康(ボディ)」「心理(マインド・シャドー)」「つながり(スピリット)」等を身近に関連付けることで、〝他者を思いやることができる人〟なら 誰にでも何らかの〝得るもの〟があるはずだ。

保守派が苦労するのは、リベラルな社会のシステムで ブラック企業の(使い捨てまがいでの)上司となったときだろう。 部下がリベラル(特にゆとり世代)なら、大体想像ができる。 こういった多視点を「具体的な日常世界の例」を交えて 自分なりに咀嚼してみるのがいい。 そのための「時間」が無い場合は、「混沌(シャドー)」と向き合う大チャンスだということだが、私は別に〝賢い(繰り返し使えるものを重点的に購入する)節約〟をお勧めする。

池上彰さんの(メイントーク)番組は、世界(の構図とその課題[シャドー])を理解する〝明快な鍵〟になるだろう。彼はテレビ局や番組と視聴者を含んで 「その空気 (レベルないし世界空間) に合ったお話」 を展開するので、誰にでもアクセスするチャンスがある。 僕はリベラル(ポストモダン・インテグラル)派なので、それらが重心の局が好きだ。経済と内面(霊性)を含むバランスの良いユニークな(彼との)議論なら、「テレビ東京(系)」の番組にて最も輝くようなので、興味のある方は 一見すべし。

世界ナゼそこに?日本人」は、時々 とても深い動機を持った人々が出てくる。 狭い日本から離れて広い、いや〝深い〟視点から〝世界の子どもたち、世界と僕たち、システム、文化、地球の未来〟を直覚理解し、具体的活動(と成果)を伴って 文字通り〝世界を変えて〟いる。 これは大きな 〝世界(或いはシャドーとセラピー)の理解〟のヒント(きっかけやリンク)となり 狭い日本から 広い日本、つまりは〝深い日常〟を 自分(自他)の中に生起させる〝実践〟となるはずだ。 また、保守派(的な動機の人)も出てくるはずなので、誰でも身近に感じる例にアクセスできるチャンスがある、〝より良き世界への羅針盤を見失わずに見れる〟番組だ。


日本の文化として、世界に紹介されたのがアニメーションだ。

アニメの良点は、繰り返し見れるところ

アニメの深さ(こころやさしさ)が 海外の国から見た日本の文化レベルを表すと言っても過言ではないので、私たちは アニメにも こういった〝展望(的な視点)〟を広げていく必要がある。


最近のアニメは〝バトル漫画〟が主流で、僕もそこで育った。

これからの時代は、多様性を 方向を伴って より 含んでいくことになるので、男性は女性と、女性は男性と その世界とより身近になる。 (共感理解していく必要がある。)

バトル漫画は〝女性の視点(多様な深さの各種リンキング)〟を包含するには不十分となりつつある。

一番の障壁は、「バトルシーン」が 私たちの「こころ」の価値観と「一致しなくなってきている」というところ。

単なる〝アクションの多用〟は〝エンターテイメントのみの追求〟で終わってしまいかねない。

また、どうしても 自分の中の「荒くれ」をシャドーに残したまま大人になってしまいがちだ。


アニメは 俳優が居なくても〝概ね何でも映像にできてしまう〟ので、この「バトル(要素に影響された種々)漫画・アニメ等」は 年々肥大傾向にあり、これまでに挙げたような 「独裁者・詐欺師・非視点的な狂気・各種シャドー(割と健全なシャドーも含む)」 の雰囲気(病気・動因)として 「(ある種) 意図した上でヒットさせていく」 伝染のスパイラルを作っているように思えるのは、これまでの議論でも挙げた〝上記のシャドー・ワーク(理解)〟が無視されすぎているから。

そういったシャドーに圧倒されたり正当化したり 或いは気付かず大人になった人々が、もっと自他を〝思いやりの心がマヒした=傷つける〟ように作り、それがまた 次世代のそういった人々を引き付けてしまう点は、先代には読み切れなかった〝先端的視点(インテグラルなど)の矮小化〟が関与している。

僕は、バトル漫画自体の「王道思想(ストーリー)」は好きでも、最近 自転車に乗っている兼ね合いもあり 全体的に「見づらく」なった。

だからと言って、そういった表現は、「どんな漫画・アニメ・(関連小説)」にも文化として取り込まれて(伝搬して)いっているので、もう「バトル漫画だから」とか そういう単純な構図ではなくなっている


ちょっと待とう。

議論が黒くなっている。

今日は、こんな話をしようとは思っていないんだ

そうそう。

シャドー、シャドー、(ワーク)、って言っているけど、普通は 「健康な気持ち」の「無意識ちゃん」を〝そう呼んでいる〟んだ。

かわいいものなんだ。

僕が、そういう雰囲気を持っている、好きなアニメを、今日はみんなに紹介するんだったよ


「こころ」「おもいやり」が明確に「世界を繋げる」意図で現れている とても優秀なアニメ。



♢ ジュエルペット てぃんくる☆


ジュエルペット てぃんくる」 ☆彡 ―――(テレビ東京での第1作。前作はテレビ大阪。――以下 てぃんくる☆)


保守派・リベラル・ポストモダン、現代陣営の3者 (社会の接着剤と言われる) が〝なかよく〟している。

よく考えてみると、てぃんくる☆は 「スピリチュアリティの発達ライン」を強調していると言えて しかも重心の高度はポストモダン「AQALで高度6」だ。

現代世界にしかないものを使っているので、後続のレディ ジュエルペットと比べると 〝インテグラルな居場所(未来の想定)〟という不確かな〝社会的表層構造〟に影響されない分、〝この世界の誰もが見れるお話〟となっている。

キリストが2000年くらい前に〝今より未来の地球のシステムと文化〟を夢で見たとして、それを〝当時の時代で表現しよう〟とすると、どうなるかな??

僕は、これを ひとつの定義での 〝ポテンシャル〟のある作品と言っていて、〝未来になるほど (普遍的そして思いがけないような) 評価が高まる〟(だろう)ことに気付いた。 (もちろん、真似できない意味で言っている。)


あかりちゃん(主人公)は、まず リベラルが言うように 「社会システム」を本気で吟味して〝成り立つ〟魅力を備えている。

ルビー(ジュエルペットの主人公)は、常にかわいい


つまり、良い社会とは、スピリチュアリティの発達ラインのコンヴェアベルト(発達を助ける社会文化)を健全に強調する社会であり、僕が (統合的な生まれ変わり等で) あかりちゃんになろうとするとき〝うまくいかない〟理由は〝社会システム(そして内面的な文化)がそれに追いついていないから〟となる。 (社会システムの兼ね合い等から シャドー化した動因は その否定[否認]に走る。)


――― 3者と良い社会の「てぃんくる☆」ワールドを〝そのまま 〟私たちの世界に実現する方法は?


てぃんくる☆は、そういった理由の他に「オタ(ヲタ)」向けという〝所与の誤解釈〟(水平的なタイプ論にすべてを還元するだけの極端な脱構築陣営[的シャドー]により――) が伴い、(現代・近代の視点から) 中世のキリスト教のような扱いも受けたが、「ジュエルペット初代 と (ピュアな僕☆ちゅっ♡) インテグラル(理論)の合いの子」の〝アニメの中のアニメ (キングオブアニメ、ロイヤルアニメ)〟であり、アニメの定義を〝真善美の美である きれいな(内的な)世界(としてのアニメ描写)〟とするなら、その意味でアルティメットだ。

つまり僕は、〝インテグラルっぽいアニメしか認めない〟などとは言っていない。 (作品間の流れはまた別の次元。)


てぃんくる☆が打ち出す〝要求 (霊的・道徳的な実践・確認)〟は 根源的な変容を明確に意図した〝修行(訓練・実践)〟なので、音を上げて帰って(シャドーに身を任せる)者が出てくるわけだ。 作品がとても優秀だから

あかりちゃんになってみるといい。 (あかりちゃんのような優しいこころを社会で発揮してみようとしてほしい。)

社会システムをはじめとした課題も山のように見えてくるけれど、内的・現象学的にも〝自分の中の弱いというか狡猾な部分を沈黙させて 本気で世界にお祈りできるような 強くて安定しかつ流動的な心(エネルギー)〟を 確実に発揮していくことは、かなりハードだ


一言で言うなら、てぃんくる☆ ちょ~好き♡


というわけで、てぃんくる☆は、世界宗教 (深さと汎用性のバランスの取れたユニバーサルに多元的な実践)ヴァージョンを示し、世界を平和にする道において〝決定的に重要なこと〟を言っている。

ケン・ウィルバーが〝産湯と一緒に赤ん坊を捨てた〟と言いながら〝ブーメリティス(ベビーブーム世代・ポストモダンの欠点・僕はその部分は前保守派的[というよりシャドー的]に分類している)〟の議論まで十分にしていた時代を経たのだけれど、まだ 本気の てぃんくる☆ ソウルは、多くの人々に根源的だと言われるのを待っている。(気付かれぬ。)


アニメでなくとも、なんらかの僕らなりの〝世界宗教(ユニバーサルな実践)〟がしっかりと出てくれば、1作品、1アーティスト、1陣営などに〝具体的責任〟を押し付けなくてもよくなるけれど、アニメが日本の文化だというのなら、海外の人(特にアジア圏内)全員に見てほしいのは、てぃんくる☆ !!

そして、日本の社会的事情は、決定的にかけ離れている!と彼らに言われたら、日本の未来(創発課題)が見えてくる(笑)


テレビ番組かつアニメーション作品という〝形式〟はあれど、リンキングか 語らいか、ふれあいか、単純に〝見る〟イメージにこだわらずとも。 (この文章を見るつながりでも。)


レオンの〝世界を平和にしたい〟は、獅子もはっちゃけ ハートの現実♡



- 世界のリベラル憲法が ひとつにつながる 夢の日と描いて♪ - (2018 04 24) [5月3日掲載♪]



☆★☆★☆ メロディ&音楽 こ~な~ ★☆★☆


「未来へ手を繋ぐ地球」 (本文) 公開記念♪

《 more freedom 》 ~憲法記念日☆ばーじょん~ 堂々 「大公開」 (≧▽≦)♪



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

無料ブログはココログ

【インテグラル】 参考文献♡

  • インテグラル理論 (AQAL)      統合的実践 (ILP)
    「インテグラル・スピリチュアリティ」
    ケン・ウィルバー 著

    「実践インテグラル・ライフ ― 自己成長の設計図」
    ケン・ウィルバー 監修