ファッション・アクセサリ

2022年7月25日 (月)

KOBE☆彡 ビーナスブリッジ♡ 夏の花火と1000万ドルのイルミネーション✧

ワンピースを 日に1枚ずつ 見ていると、〝GOD〟そして〝ナミの軌跡〟・・・!

今日は、あかりちゃんの誕生日でしたか。


てぃんくる☆のファンBD。

虹のシュートと、スノーナイトを見て、ホットケーキと、久しぶりに、コーヒーをつくって、3か月ぶりに、自転車に乗ってみようかなという気持ちになりました。


ここ最近、自転車で出かける気は、全くありませんでした。

25度を超える強い日差しの日中に、とても遠い場所に行きたくなかった、すでに過密ダイヤだった、というのもありますが、3週間のインターバル、軽いタイヤも買ったにもかかわらず、動けず、タイムオーバー、終了宣言をするほどで、時期的に、目も当てられなくも、もう、徒歩だけで生きたいと考えていました。


色々な理由から、インドアな生活に向かい、そして、ライド後から4日間続く すがすがしい体調が 崩壊してきたので、ウォーキングという名の、ダイエットに向かいます。

2か月ほど、涼しい時間に、1日1時間くらい、広い公園を歩き回って、有酸素運動+糖質ダイエットを行っていましたが、足の先が痛くなり、16時間ダイエットに切り替えました。


徒歩では、年に1回ほどの、貴重なイベント、機会を 体験することが難しく、中央区まで往復で歩いたり、一定区間を電車に乗ったり、ということも考えましたが、足に無理をさせられないので、自転車を復活するのが、一番いいと思いました。

有酸素運動のダイエットをするにおいて、自転車を活用することは、最強だと、日々思っていましたが、そのエネルギーを持てないまま、長い日中を見送り、まだ見ぬルートを 後悔を含んで断念しながら、微妙な状況が続きます。


ママチャリ(グリーンシティライナー1号) は、中央区までなら活用してもいい、とは思っていましたが、完全に乗らない方向で、3か月固めておりました。

そんなこの頃、バックアップも十分にできたので 2期のワンパンマンを、見やすいようにカットして、チェックしながら、ストーリーを楽しんでおりましたところ…。


戦い(=交通戦争と奮闘して 上手くルートをこなし 遠くまで到達しようとすること) の中に、充実感を見出すのは、本質的に間違っている

ということを、かなり核心的に、実感しました。


徒歩としてとらえていた状態とは、交通戦争の中の歩行者なのではなく、真に、音楽から生活の営み、色々なベースとなる、〝コミュニケーションの主体〟としての ヒーロー なのです。

息がつまるようなバトル要素は、一歩一歩 進む 主体 (ヒーロー) にとって、自発性をそぎ落とす、毒だということです。

自転車に乗りたくない(=交通戦争とかかわりたくない・見たくない) というのは、戦いに身を置くことの裏返しなので、自由が はく奪されている状態です。

事実、ウォーキング時に、信号を無視する対象に、一度ならず、声を上げたほどです。

周りの〝いい加減さ〟に 振り回されているようでは、戦い(=交通戦争) から自由になったとは、とても言えないのです。


てぃんくる☆を見た この日、ココロが、浮き始めました。

自転車に乗らないという状態が、抵抗だと感じられ、それが重みになったのです。



ダイエットは、ハイパー早寝と並行せざるを得なかった近況も伴い、カフェイン系である、紅茶とコーヒーを、3か月間、完全に控えておりました。

仰天ニュースを見て、依存が〝無駄な戦い=ヒーローで無くなる 破壊的な生活習慣〟であることを よくわかっていたので、依存を取り除くことから、始めたというわけです。


5月、6月という、最強のロングライドシーズンに、自転車に頼らないこと、それが本当に後悔なく出来て、始めて、自転車依存から抜け出せていると言えると思った、というのは、こじつけでしょうか?

あるいは、行き詰まっているこの時、6年間、一度も行ったことのないシチュエーションに身を置くしか、可能性を見いだせなかった、ということでしょう。


コーヒーと紅茶、自転車、ある種のセクシュアルな自我中心性、TVゲームを無計画に行うこと、そして、飽食。

こういった〝依存〟を、全的に 離して、主体を軽くしたい、と思ったのです。


自転車でロングライドをしている状態は、天候を気に日々緊張している、たくさん食べてしまう、ハイパー早型になれない、など、依存を脱ぐことの、枷になってしまっていたのです。

それは、体重の増加にも、現れておりました。



漠然とでも、痩せること、ココロを軽くすること、が、必要であるのだろうと、ここ3か月、行動していました。

そして、自転車で、久しぶりに出かけることになるわけですが、その時の カスタマイズの話を、少ししましょう。


自転車をやめたいと思い至っての、ハードルは、夜にぐっすり寝られるための、日々継続できる 屋外での運動でした。

それも、2か月で 歩きの限界に当たり、使いどころを よく見なければならないものだと学びます。


クロスバイク (ルビーエンジェラバイク・まほうのホウキ号) は、ホイール、タイヤ、メンテナンス用品、工具、色々あるのに、漠然と、壊したくない、乗れるインテリアとして居てほしい、使わないのはココロが痛む、と、感じました。

ママチャリ (グリーンシティライナー1号) は、雨がそこそこ凌げはするものの、屋外で放置状態になり、無駄に2台の自転車があることに、焦りを感じていたほどです。


つまり、不自然に執着心 (=戦い) が繰り広げられていたので、現時点での目的を、ココロを兼ねたダイエット、と 焦点をつないで、苦しむなら 自転車を活用するほうがいいんじゃないだろうか、と思ったわけです。

ウォーキング時に、運動目的の行動範囲の狭さ・マンネリさに すでにうんざりし、結局、行き帰り道でのクルマが うっとおしいので、徒歩で遠出するというのも、発想に終わりそうな予感がしました。

おもしろいのは、自由であること (=最高のヒーロー) とは、自分でも、何をしでかすか分からない、予感でしか 先をとらえられない、心理的な時間がない何か、であることです。


そして、どうせ、自転車とそのパーツを、もう使わないと決めてしまったのなら、それが重い枷なら、大切に取っておいた、執着という名の 新品のコンポーネントを、おしみなく、使っていって、自転車に乗りたくなる機会とすればいいのだと、思いました。

そこで、緑のシティ号を、いつものグリスでチェーンメンテナンスしつつ、後輪の空気が入らなくなったので、〝虫ゴム 空気が入らない〟で調べて、ドンピシャだったので、緑のシティ0号時代に 相性問題で使いきれなかった 虫ゴム不要のスペシャルバルブを、前後に付けて、丸5年の虫ゴムを バルブごと取り替えました。


さらに、まほうのホウキ号のビンディングの予備にとっておいた 三ヶ島の金属ペダルを、緑のシティ号に取りつけて、ママチャリをグレードアップしてライドする、というのが心をよぎったので、15mmの やや短いスパナを持って、固いに決まっているペダルのボルトを、体重をかけながら、両手を使って、何とか動かしました。

プラペダルしか経験していないであろうママチャリライフに、このようなカスタマイズをするとはね。

ママチャリといえど、ダンシングはするので、そして、プラペダルでも1000キロ近く走っていると思うので、7000キロ持つと思うけど、予備ペダルとして取っておけばいいんだし、ふつうの靴で 中央区とかブラブラしたいので、ビンディングを付ける予定もないし、ちょうどいいか、と。

痩せられる状態として、短い距離のみを活用し、クロスバイクを使わないシチュエーションも、ママチャリもやがて使わない 鉄道中心の生活をも 想定するなら、予備の金属ペダルを大切に取っておく=コンポを宝物として のみ しまっておく、ことで一生使わず終わるのも もったいないと思ったので、思い切って取り付けてみたというわけです。


まず、 ペダルが取れないだろうと思ったのですが、クロスバイクと共通のメンテナンス部位なんだし、やってみてもいいんじゃないか、と。

屋外の方が、多少、荷重を大胆にかけられるからね。


中央区と仲良くなって、クロスバイクで ロングライドしない分、色々なところを見れたら、徒歩の使いどころが素晴らしくなり、見た感じ、メタル色の塗装のプラペダルに見えないこともないので、誰も気にしないだろう、と。

ビンディングは、軸に荷重を固定するので、回転が安定するのですが、ママチャリの場合は、ブレるプラペダルより、ビンディングに近くするなら、軸まで硬い、金属ペダルが、おそらく、最強なのでしょう。

そして、体重が落ちれば、斜度8%くらいまで、シッティングで走れるかも。


さらに、安い、ワイヤレスのサイコンを付ければ、新型シティ車になるね。



ダイエットライフで、ピザをつくってみました。

これが、なかなか、おいしいのです。


たんぱく質を取ることが重要で、糖質制限において、セルフファージを狙います。

ワポルの、自分へのバクバクファクトリーは、ゼフもうなづく、真実でした。


厳密な理屈は分かりませんが、腹などに付いた皮下脂肪は、ロングライドでは 次第に燃えず、脂肪酸として血中に分解されると、摂取した脂質の代わりに、細胞を作る材料となります。

さらに、糖質、炭水化物は、筋肉等に、グリコーゲンとして蓄えられるので、その量が多いと、数日後、使いきれない分は、皮下脂肪などに変わります。

グリコーゲンが不足すると、皮下脂肪などが エネルギーとして使われるようです。

そして、基礎代謝が重要で、インドアのみ、1200kcalほど、1日を見ていればいいので、16時間ダイエットと組み合わせるなら、炭水化物1食200g~300g~400g上限、で、2食、1000kcalの、+セルフファージを目指せばいいのです。


たんぱく質は、糖質制限の有無にかかわらず、1日50gを取るべきで、ダイエット時にデザートのように進む、270gの煮干しを10日に分けて食べたとして、約500gのとうふと、さらにそれと同等の かつおぶし+油揚げ+味噌 のみそ汁を、冷蔵庫で3日に分けて食べたら、そして、チーズや卵、納豆を食べたら、たんぱく質のメインの量は、適量です。

ロングライドをしていたころは、たんぱく質が不足していたくらいかもしれません。

米が安上がりで太らないと思っていましたからね。


べジファーストだから、まず、細かく切りすぎないキャベツをよく噛んで食べ、場合によっては、スライス玉ねぎも加えます。

次にたんぱく質を食べ、最後に、炭水化物を取ります。

それで足らなければ、煮干しをバクバク食べて、調整し、最後に、荒く切った玉ねぎを、デザート代わりに食べます。

炭水化物を取りすぎない、体と相談する、私なりの方法です。

とにかく、時間をかけて、よく噛んで食べるのがコツです。

そして、体内のカロリー時計を、身に着けていきます。


納豆は、スライス玉ねぎと、あるいは酢飯と、もしくはそのまま、いずれにしても、たれとからしは付けずに、食べます。

袋を洗って取っておいた からしとたれ。

半年が期限らしいですが、きっちり管理して、5合の炊き込みご飯に 醤油の代替でたれを、サンドイッチにからしを、使います。


炊き込みご飯は、脂溶性ビタミンを取るための炒めた人参、そして、やや多めの鶏肉をカット、油揚げを加えて、5合のごはんと 大さじ6杯のしょうゆ、大さじ3杯のみりんで、場合によっては 沸騰したお湯を加えて、炊き込み、十分に蒸らします。

その後、2日分を取って、残りを20個ほどに小分けして冷凍すれば、便利です。

多少、大きさをばらつかせると、応用が利きます。


野菜は、ほとんど、水溶性ビタミンがメインで、人参とピーマン以外は、炒めないほうがいいことが多いです。


ジャガイモは炭水化物ですが、食物繊維とビタミンが豊富で、太らない範囲なら、キャベツと混ぜて、サラダとして活用していいです。

皮に栄養が豊富なので、土を落として活用すると、皮をむかなくていいので、楽です。

まず、ジャガイモの芽などを取り、水を入れたボールで、ジャガイモ同士を よくこすり合わせて、水を変えながら、よく洗います。

それでも泥は落ち切らないので、ポットで沸騰させたお湯を鍋に移して、洗ったジャガイモを入れ、10分くらい、沸騰状態で泥を落とします。

ここで、皮の栄養素は2割程落ちてしまうと思いますが、誤差範囲でしょう。

その後、ポットで再度沸騰させたお湯を、もう一方の鍋に移して、ジャガイモも移して、さらに10分、柔らかくなるまでゆがきます。

古い方のお湯は捨てます。

その後、ジャガイモを取り出して、水気を切り、つぶして、冷蔵し、サラダの元にします。

サラダは、基本、何もつけないか、塩コショウを振ります。

ジャガイモを取り出した後の新しいお湯は、みそ汁にします。

ここで、サラダ用のジャガイモを、卵・大さじ山盛り2~3杯の小麦粉・キャベツで混ぜて冷蔵庫でよく冷やした種にさらに加えて、お好み焼き、チーズや青のりと鰹節、場合によって醤油で食べると、うまいです。


ピザの話が、ここで登場です。

大さじ山盛り3杯ほどの小麦粉を水っぽく研いで、マーガリンを溶かして洗浄して拭いたフライパンに加えて、平べったく、生焼けにならないように、パリパリに両面焼きします。

さらに、具材を乗せない外側に、水溶き小麦粉を加えて、固まったら、トースターの金属トレイに移して、サラダ用のジャガイモ、スライス玉ねぎを乗せて、塩コショウ、薄く塗ったケチャップを加えて、焼きます。

途中で、スライスチーズ1枚を乗せます。


ホットケーキは、大さじ山盛り2~3杯の小麦粉と卵1個だけで、砂糖とマーガリンを加えないのが理想なので、つくったコーヒーや紅茶、場合によっては、クッキーなどを砕いて入れて、味を付けます。

少量の甘めのパンと一緒に食べてもいいです。


ややマンネリになりますが、これらの食事はおいしく、洗い物も出にくいので、便利です。


さらに!


サンドイッチは、はずせません。

レタスか、キュウリがあれば、タマゴやチーズを加えて、少量のドレッシングや塩コショウ、からしやレモン汁で味付け。

場合によって、トマト、スライス玉ねぎを加えて、すばらしい!

使う食パンは、4枚切り[2/3]枚=6枚切り1枚 を、さらに薄く2つに切って、ホットサンドにします。



最近、アフターコロナというフレーズが、トレンドです。

公共、イベント主催の行政が、その言葉を使っています。


近頃、色々なイベントが、復活しています。

神戸まつりは、めりけんぱぁくで、代替イベント。

みなとまつりも、めりけんぱぁくで、開催されていました。

いずれも、後になって気づきました。

みなとまつりの存在は、最近 初めて知ったのですが、去年も開催されていたというのです。

2021年は、イベントに飢えていたので、知っていたら、行きました。


花見シーズンの屋台並ぶ 日岡山公園を見ても、こういった兆候は、ありました。


3年間。

残り続ける しつこさと、新しい展開。

どちらの声が、新鮮な真実をもたらすのでしょうか?


また、海岸まで歩けば、徒歩圏内で、12キロ強で小さいとはいえ、明石海峡公園の花火が見れたはずです。

が、これもまた、見落としていたといいますか、以前も、音を夏に聴いていたので、地元で挙がっているのかと思い、気に留めていませんでした。

欲張るのもアレなので、今回は、イベントが開かれたという点を、喜びます。


神戸の花火が毎年見れた環境では、10キロも離れた花火に興味はありませんでしたが、今となっては、どこでいつ、どのような花火が挙がるのか、知っておいた方がよかったですね。

このように、調べる気が起きないというのも、自粛ムードのダメージです。



私が、自転車に乗る 元になるエネルギーは、希望です。

最近、そのことに気づきました。


これは、おもしろくない労働はできない体質である点からも、学べます。

人とかかわることが すてきだと感じたいという意味では、周りの人々と、ズートピアが言うように 違いを認め合いながらも、自分の中心を持たず、そして、営み楽しいと思える 魅力的な仲間が必要です。


ここ3年で、私は、絶望していると認識できないくらい、ココロが荒廃していたと思います。

皆さんも経験している通りです。


私は、自転車でのロングライド、オンラインでの著作活動、インドアなライフに 小旅行とグルメ、と、スポーツ・アート・ライフの面で、うまくやることができ、自粛の直接的影響を 受けていません。

それでも、周りの人々が、希望を失っていくのを、直観的に感じており、それが耐えられないのです。

そこが、ワンパンマンの言う、最高のヒーロー、というところにつながる 深く考えさせられるところなのでしょう。


さらに、自粛としての社会の混乱を 情報的に無視したいという、ある種立派な 私の方法は、自転車と交通戦争の話と一緒で、それに捕われて 遠ざけようとしていれば、影響の渦中にあるのと同じことです。

ライブができないと思うと、臆病になり、音楽を作る意義も失われ、その糧となる花火大会などのイベントで みんなと一緒に 言葉を交わさず 声を上げるような機会を、忘れることで、うんざりするのです。

特に、働いている人々が 楽しくないだろうと思うことで、ますます、社会を愛せなくなります。

個人の中心などというものはなく、そのヒーローは、全体に分かちがたく、主体と互換して、存在しているのです。



自転車は、少し遠くに行くことも含めて 始めて、ママチャリ (緑のシティ0号) で、大阪中心部のグルメや、有馬温泉の湯治など、いくつかのバージョンを開発した後、2016年の秋に初めて、クロスバイク (まほうのホウキ号) で、ロングライドを試み始めました。

太めのタイヤと、プラペダル時代の、2017年に、泉大橋まで走ったくらい、ライドを強化一新していったわけですが、2018年秋にビンディングに慣れて、ライドの次元が進化したのは、3年の飛躍を経た、2019年だったと思います。

危ない道を避けながらも、恐怖することなく、走ったことのないエリアを進もうとする自由なライドは、この年に より強く身に着けたようです。

それが、2020年で、極端な方向に、強化することになるのです。

走ったことのない道を重点的に走る、さらに、体力を落とさない、そのために、距離が長くなることに慣れすぎ、丸1日走って、何とか保ったモチベーションも、つらさとともに あったと思います。

それも忘れつつ、ライドを要約して、グルメを楽しんだり、ママチャリも活用して、温泉へ行ったり、バランスを保つも、ハイパーロングライドを重ねた ここ3年は、それ以外、長いインターバルを取って インドアするしかなく、溢れたストレスが、皮下脂肪に変わっていました。

いつしか、タイヤは細く軽くなりましたが、体とココロは重くなり、自転車と足には、相応の負担がかかっていたでしょう。


自転車を手放す点での、執着を理解する勇気。

これこそが、これから、見極めなければならない、自由の光を縛るものとの 試練だと思います。


自転車という財産を活用するには、箱に収めておこう、では、ダメなのです。

パーツにも、劣化という期限があります。

結果的に、この3か月、無理を越えて もがかなかったことで、アフターコロナという実感が、ありありと見えてきました。

去年の今頃は、ワクチンの希望がありましたが、国は、それを強制するかのようなムードを作り出し、一向にイベントは開かれず、ワクチンが普及しても、型を変える脅威ばかり 報道され、見えないところで 終息に向かっている面が、嘘のように思われておりました。

これは、2020年初頭の反応と、表裏一体な意味で、真逆です。


現在、開かれているイベントの数と質から、希望の信頼は、真実だと みなされ始めているのでしょう。

この3か月、もし私が生き残れていなかったら、これを垣間見ることも、ありませんでしたね。


そんなわけで、今回、その後の冒険を、てぃんくる☆と ともに 発見した希望で、綴ります。



時は7月。

入らなかったショートズボンを活用できることに気づいて、夏に重宝する 服装の選択肢が増えます。


3か月ぶりに、自転車に乗ることができるのだと、いつもと違った、ふしぎな感じがします。

新しいメタル色のペダルに、上等なバルブ。

メンテナンスされたチェーンに、なじみのある車体。


今日は、きっと、花火大会。

3年ぶりの、きれいな花火が、打ちあがる夏。


中央区に行くのは、やはり、3か月ぶり。

夜に向かって、涼しくなる、その道を。


リスキーの冒険〟を描き記した、今日この頃。

神戸まつりより、ライドより、このストーリーが、今の私のカラーだから。


道中に、大道芸人の手品師がいました。

芸1本で生きて、17か月か、パフォーマンスを自粛してきたという彼は、テレビ出演の経験もあるらしく、有名サイドでしょうか?

何か1本で生きることが、金銭に執着することだとしたら、それは、イベントを誤解しています。

私が花火を見るのは、それが、自由を感じるからです。

いかなる理由であっても、パフォーマンスを商売にするのは、有名サイドの形式であり、無名サイドは、ライブでお金をとろうとしません。

それは、無用のトラブルを引き起こす元となり、創造活動に余計なものを持ち込むからです。

お客さんは、生活費を集めようとするパフォーマンスに 興味を持てません。

この時代だから、特に、うんざりさせる現状を見るのは、つらいのです。

私の今日は、別の目的。

1000万ドルの夜景に向かって、まだ見ぬ道を、突き進みます。


徒歩は、自転車の上位互換だと いいましたね。

徒歩で遠くに行けないことは、ずっと昔から、2本足の人類に宿命です。

そのことを学ぶことができるがゆえの、2本足なのですから。


歩きは、中央区において、最強の切り札です。

ここで、使わない手はありません。


ということは、中央区までの道のりを、徒歩で行くのは、もったいないのです。

交通戦争を うまくかわすことに充実感を見出すのは、無意味なことです。

そうではなく、車両の義務という自我を中心に置かずに、コミュニケーションとしての感受性を、自信にするのです。

そして、ハートにおいて、中央区までおさんぽするという〝意義〟を、自転車にまとめること が、可能だと気づきます。

クルマの上位互換である自転車、徒歩と似た人力で 自由な移動であるがゆえに、です。

自転車は、時に押し歩きに変わります。

自転車と徒歩のどちらも〝歩き〟が活用されるので、ウォーキングを高強度で日々実践することは、有益です。

この〝歩き〟が、自転車・徒歩、どちらにも活用できることも、徒歩が上位互換であるという理由です。

クルマは、押し歩きできないので、車両を徒歩にすることができないわけです。

中央区の駐車場が高いのは、そういうことですよね。


景色を見る、周りに立ち寄る、その必要のない区間では、徒歩は、自転車で まとめることができるので、中央区まで歩く、中央区から歩く、という2つを、違和感なく実現 できます。

そのために、自転車走行を、徒歩に近づける必要があり、段階3の走行方法 (クルマに埋もれて走らない〝時に待つ〟判断) が、必須になると、私は感じます。

それができない、バイクやクルマは、徒歩に近くならないため、歩きが上位互換であることを主張できません。

歩きが最強の切り札であることは、中央区において事実である以上、それを無視したクルマが、ストレスを感じないわけありませんよね。


そして、ヒーローとは、そんなストレスに充実感を得ようとする性向に、おさらばする 知恵です。



海側から、山側へ、道を北へ向かいます。

そして、階段もある、急な坂道を登り、イイ感じの神社を抜けて、さらに、山を登っていくのです。


始めて、自転車を持たずに、ビーナスブリッジ✧


日が暮れ行く中、空いたベンチで、冷えた薄めの粉ポカリを一口。

6枚切りの食パン2枚を12枚切りサイズにして重ね、縦に半分に切り、ラップで包んだ、特製のサンドイッチ。

凍らせたお茶に括り付けた、冷えたサンドイッチは、焼きチーズに、きゅうり、ドレッシングに少量のからし。

久しぶりに、基礎代謝分1枚と、有酸素運動分1枚、計2枚の食パンのサンドイッチ!!

景色を見ながら座って食べる、涼しく、おいしい、手作りサンド。


自転車やウォーキングのような有酸素運動は、最初の1時間、半分くらいが皮下脂肪、半分くらいが糖質の消費によって、エネルギーを活用するのです。

連続1時間を大きく超えない 軽めの有酸素運動の場合、計3時間、600kcal の消費だとすると、半分の300kcal が、糖質から使われたことになるので、食パン6枚切り1枚分のサンドイッチの糖質、200kcal を、補給食、残り1枚は、いつもの基礎代謝分と計算して、就寝3、4時間前には、食べ終わっているのが望ましいのでした。



あたりは、夜になってきます。

少しずつ、夜景を見に、集まってくる、友達同士、カップルなどが、増えていきます。

人は少なく、まだまだ、落ち着いた雰囲気です。


ビーナスブリッジで、夜景を見るのは、初めてです。

その機会が得られ難いことは分かっていましたから、何らかの理由で、夜に居られる機会を探しておりました。


そして、夜景がきれいに見えたところで、ベンチを後にし、スローブまで下ります。

夜景の中に、六甲アイランドより東、武庫川方面へのお馴染みの 海上ルートのエリアから、かわいらしい花火が、見えました。


特に、赤色のものが目立ち、音もなく、12キロ以上離れた、夜景の中のあかりは、音楽とマッチし、コラボレーションして、とても新鮮で、未体験の何かを生じます。

高いところを飛んで、夜景を包んでいる鳥のような、自らが花火になったかのような、動かないロングライドのような、ライブのような、森林浴のような、山の駅のような、お祭りのような、デートのような、そんな、幸せに包まれた静寂の中、神戸の街から見た、たくさんの花火は、兵庫の市民の南の海を彩る、イカシた パッション。


3年ぶりに見た花火は、7割の夜景、3割の花火として、貴重な全景画を奏で、そのココロの音は、ビーナスブリッジに響き渡っていたのです。

イルミネーションのジュエルとともに!



赤き提燈で彩られた神社で、くろねこが ぽたぽた♡ しておりました。

うおぉ~(*'▽')(*´ω`*)! ですね♪


ワンパンマンのキングのシーンに、くろねこが おさんぽしています。

新たな希望というヒーローは、きっと、もう、そこにいるのです。



電池式の自転車ヘッドライト1丁で、階段もある山道を 歩いて下るには十分です。

完成車時の シティ号タイヤの側面を セメダインで塞いでいるため、ダイナモライトを点けがたく、電池式のヘッドライト・リアライトで、夜に運用しており、おさんぽ時にもライトを活用できます。

 

そして、めりけんぱぁく発!

いつもの〝特快〟ルートで、ゆったり、夜の道を、帰りゆきました♪


☆彡

 

 

無料ブログはココログ

【インテグラル】 参考文献♡

  • インテグラル理論 (AQAL)      統合的実践 (ILP)
    「インテグラル・スピリチュアリティ」
    ケン・ウィルバー 著

    「実践インテグラル・ライフ ― 自己成長の設計図」
    ケン・ウィルバー 監修